CASE 08 中野・スペース効率重視の住まい 3方角地に位置する多面体住宅

3方角地に位置する多面体住宅(中野・スペース効率重視の住まい)の事例をご紹介します。

レンガ調の外壁を使用したシンプルモダンな外観に仕上げました。 各面で異なる顔を見せてくれます。

ビルトインガレージではなく建物前面にカースペースを確保したことにより楽に駐車ができます。

無駄なスペースは全くない2階のLDK。窓の位置と高さに工夫を凝らしプライバシーを確保しつつ採光も確保しています。

LIXILシステムキッチンは、ガラストップコンロ(無水両面焼きグリル)、スリムレンジフード(加熱機器連動)が標準装備です。 壁面いっぱいに吊戸棚も設置され十分な収納量を確保しています。

パーフェクト保温のタカラスタンダード エメロード システムバスルーム。オールシーズン快適に使用できる浴室暖房乾燥機も標準装備です。

階段にだって拘ります。踏み板、蹴込、幅木とのバランスを考慮し、抜けるような仕上がりを目指しました。

3階洋室の2部屋は壁の一部が引き戸になっており、生活様式によりゆったり1部屋としても完全に分かれた2部屋としてもご使用になれる仕様です。