CASE 14 中野・抜群のセンスと存在感を誇る家  家族が誇れる自慢の3階建て4LDK戸建

家族が誇れる自慢の3階建て4LDK戸建(中野・抜群のセンスと存在感を誇る家)の事例をご紹介します。

内空間は言うまでもなく、外構や照明演出、サッシのサイズまで、細部にわたり設計士と打ち合わせを重ねた拘りの邸宅です。近隣で抜群の存在感を誇る外観に仕上がりました。両棟共に柔らかく変化のある仕上げが豊かな表情を演出してくれる外壁材を使用し、清楚な気品と清潔感がある仕上がりです。

自転車を乗り入れる事が出来る、腐食も無く丈夫な枕木アプローチ。隣家様の窓部分を中心に、要所へ常緑樹の目隠し植栽をしております。

家族やお客様が日常移動する最も頻度の高い動線といえる階段にも拘ります。踏み板、蹴込、幅木とのバランスを考慮し、抜けるような仕上がりを目指しました。

家族の顔や様子を見ながら料理も出来るレイアウトです。スタイリッシュなデザインだけでなく、採光を両立する考え抜かれた横スリットの窓を設けたLDK。

リビング学習にも最適なカウンターテーブル。ベランダに設置したルーバーによりプライベートを守るだけでなく、建築の外装のデザイン要素として取り入れる事で、光と影の演出やリズム感が得られます。